スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
小さな古傷
2007-01-26 Fri 02:46
昔、自分がまだ三輪車という
乗り物を知って間もない頃。

友達と家の近くの小さな坂の天辺で
二人で仁王立ちをしていた。
その小さな坂は長さ7~8メートル
高さもそこそこで
当時愛知県在住5歳、職業子供な
自分にとってはそれそれは
大きなものにかんじられた。

ココで何をやるのかというと
それぞれ自前の三輪車を
持ち寄り、この坂道を下ろうという
なんとも子供らしい遊びを催していた。
降りる順番はシンプルにじゃんけん。
というかこれしかしらない。
負けたのは自分だったので
自前の三輪車にまたがり
天辺でスタートの準備をする。

そしていざスタート。
初速はだいぶ遅かったのは
よく覚えている。
だんだんスピードがつき始めると
ペダルに乗せてた両足が
今まで動かしたことない速さで
猛烈に回り始める。
「あ、これはやばい!!」と
思ったときにはもう遅かった。
無残にも両足はペダルから弾かれ
綺麗なV字開脚を作ったのち
三輪車自体のコントロールを失い
パニック状態。
そしてそのまま両脇にあった壁に
シュィィィィィンっと一直線。

どうやらそのときは頭から
突っ込むことはなく大事な部分は
きっちり守られたようだ。
その代わり左足から激しい
出血が見られそのまま近くの
薄暗い小さな病院に担ぎ込まれる。
あの夜は激しく泣いたのを
今でも覚えている。

今でもその傷はくっきり残っており
ソコを見るたび思い出す。
るろうに剣心みたいな
かっこいいエピソードだったら
よかったんだけど
実際はそうもいかないですね

「その傷どうしたの?」
「いあ、実は三輪車で・・・」
「PUGYAAAAAA!!」
スポンサーサイト
別窓 | 日常日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<風邪ひいた | YOU LOSE@ROEIR日記 | 週の半ばは修羅場>>
面白い人・・・
2007-01-28 Sun 15:17 | URL | YUKI_N #0MXaS1o.[ 内容変更] | top↑
ゆーくんほどじゃないっす^w^
2007-01-29 Mon 20:19 | URL | 彩光 #q/jcOni6[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| YOU LOSE@ROEIR日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。